大阪梅田地下街・堂島地下センターC-60出口より出てすぐ

  • 0120-656-668
  • 海外からのお問い合わせ06-6136-6990

【診療時間】11:00~20:00
【休診日】月・木
土日祝も休まず診察しております

  • TOP
  • 施術一覧
  • お悩み別施術一覧
  • 料金一覧
  • 治療の流れ
  • 当院ご案内
  • アクセス
  • お電話で予約・お問い合わせ
  • メール予約
  • メールでお問い合わせ
月経移動


月経移動について

旅行やスポーツ、重要なイベントの日程が生理と重なってしまい、生理周期をずらしたい。そんな時にはピルの服用により生理時期の調整が可能です。月経移動には、月経を早める方法と、月経を遅らせる方法があります。
生理を早めたい場合は、生理後1週間以内に受診してください。生理を遅らせたい場合は、生理予定の1週間前までに受診してください。
ピルの服用によって人為的に移動された月経も、自然に発来した月経も特に違いはありません。薬で月経を移動したとしても、その次の月経は普段通り来るので特に問題はありません。

月経を早める方法

月経開始後2~3日目より、生理を避けたい日程の10日前まで服用します。
ピル内服終了後の2~4日目から出血が始まります。 約14日間内服することで、月経予定を7~10日間早めることができます。
月経を早めたい方は、できるだけ早く受診してください。

 (メリット)月経を避けたい期間に薬を飲まなくてすみます。
 (デメリット)低用量ピルの場合、薬の内服期間中に少量の出血が持続する可能性があります。


月経を遅らせる方法

予定生理の4~5日前から、月経を遅らせたい日程の最終日まで内服します。服用を止めて2~4日後に出血が始まります。
1~2日後にくる予定の生理を遅らせることはできませんし、3週間以上遅らせることも無理がありますが、より確実な方法といえるでしょう。この方法では排卵日以降にピルを内服するので、妊娠の可能性が無いことが条件になります。

 (メリット)正しく服用すればほぼ確実に月経を遅らせることができます。
 (デメリット)ピル内服による副作用が出た場合には、旅行日や試験日が逆に辛くなる場合もあります。

普段から低容量ピルを内服している方は、月経を遅らせたい日まで薬を継続して内服すると、次の月経を確実にずらすことができます。予定がわかり次第、早めの受診をお勧めいたします。


ピル内服の注意事項

ピルは1日1回1錠をきちんと内服する必要があります。
服用を忘れるとホルモンのバランスを崩して不正出血が起きたり、生理がきてしまうことがあります。
副作用としては、吐き気、だるさ、悪心・嘔吐・頭痛・乳房痛などが出ることがあります。