大阪梅田地下街・堂島地下センターC-60出口すぐ

  • 0120-656-668
  • 海外からのお問い合わせ06-6136-6990

【診療時間】11:00~20:00
【休診日】月・木
土日祝も休まず診察しております

  • TOP
  • 施術一覧
  • お悩み別施術一覧
  • 料金一覧
  • 治療の流れ
  • 当院ご案内
  • アクセス
  • お電話で予約・お問い合わせ
  • メール予約
  • メールでお問い合わせ

よくあるご質問

アフターピルについて詳しくはこちら

Q.未成年ですが、アフターピルを処方してもらえますか?
A.もちろん大丈夫です。保護者の方の同意書や同伴の必要はありません。
Q.アフターピルとは何ですか?
A.モーニングアフターピルは避妊に失敗した際に、やむを得ず緊急避妊を行うためのピルです。多量の女性ホルモン剤を摂取し、強制的に体を妊娠しない状態にします。アフターピルは、受精卵の子宮内膜への着床を防ぎ、排卵を遅延させるなどして、妊娠を回避させます。
日本で多く使われているアフターピルは2種類(ヤツペ法/ノルレボ)あります。どちらも医師の処方に従って正しく服用すれば、高い効果が見込まれます。
Q.アフターピルはいつまでに飲めばいいですか?
A.性交後72時間以内に服用する必要があります。なるべく早く服用する方が、緊急避妊効果は高くなります。できるだけ24時間以内に速やかに来院してください。
Q.予約は必要ですか?
A.患者様をお待たせせず、快適な診療をお受けいただくため、予約診療制をとらせていただいております。当日・前日のご予約は、お電話にてお申込みください。 (フリーダイヤル:0120-656-668)
Q.アフターピルを服用して、吐いてしまったらどうしたらいいですか?
A.服用してから2時間以上経過していれば、吸収されていますので問題ありません。2時間以内に嘔吐した場合は、同量のピルを再度服用することが必要となります。
Q.アフターピルを服用した後の生理は大丈夫ですか?
A.薬を内服後、早ければ3~4日で消退出血がきますが、月経予定日まで出血がない場合もあります。予定通りの月経が来ても、その出血が妊娠初期の不正出血である可能性は否定できません。次の生理が来るまでは、コンドームを使うなどして避妊することが必要です。
予定された生理よりも出血が1週間以上遅れるようでしたら、産婦人科を受診してください。